Blogブログ
  • HOME
  • ブログ
  • スタイリングオイルとアウトバストリートメントの違い

スタイリングオイルとアウトバストリートメントの違い

スタイリングオイルとアウトバストリートメントの違い

スタイリングオイルとアウトバストリートメントの違い_20201111_1

今回は、サロンワークでも
質問を度々お客様から頂きます(^^)
【アウトバストリートメント】
【スタイリングオイル】
の使用について(^^)♪

まず、アウトバストリートメントは、
その名の通り、お風呂あがりにつけます♪
【洗い流さないトリートメント】
◯タオルドライをしっかりして
◯傷んだ毛先を中心に
◯軽くコーミング
ドライヤーを根本からしっかり乾かします。
ミルクタイプやオイルタイプなど様々なオイルがあります。
熱保護ができるものは、コテを使う前などに使用してあげると、熱から守ってくれて綺麗を保てます(^^)

これからの時期は乾燥しやすい時期になってきますので、お風呂上がりは是非アウトバストリートメントを弱っている毛先につけてあげて下さいね(^^)

【スタイリングオイル】
オイルは、名前の通り油を主成分としたアイテムです♪
主に髪の保湿やスタイリング艶感を出す為に使われる物になります♪
オイルには、摩擦紫外線から守る役割がありますので、お出かけの前や、乾燥しがちな場所の時は毛先にしっかりつけてあげましょう(^^)♪

スタイリングオイルなので使い勝手は自由自在軽めなものから重ためなものまであり、
自分の髪質に合うスタイリングオイル選びましょう♪
髪が軟毛だったりペタンとなりやすい方は、あまり重ためなオイルよりバームや、軽めなオイルをお勧めします♪

スタイリングオイルとアウトバストリートメントは、根本付近や地肌につけると、頭皮の炎症やフケなどの原因にもなる可能性があるので、毛先につける事を心がけて下さい(^^)♪

簡単な説明でしたが、、

少しでも髪に対してためになれたら嬉しいです(^^)

関連記事